KUDOYAMA ART FESTIVAL

KUDOYAMA ART FESTIVAL

くどやま芸術祭2016

九度山(くどやま)町は、世界遺産や真田幸村ゆかりの史跡等、歴史遺産に恵まれた町であるほか、日本画の巨匠故平山郁夫氏の奥様の生家のある地であることから、歴史と文化の香りが高い街と言えます。
さらに2016年のNHK大河ドラマが真田幸村を主人公にした「真田丸」となり、幸村が九度山に配流を命じられ、1614年大坂の陣のために大坂城へ入城するまでの14年間を過ごした地であることから、2016年を通して九度山という町にスポットが当たります。その為、九度山より大坂冬の陣へと幸村が出陣する場面が放映される2016年秋ごろには、さらに多くの観光客を見込んでおります。
多くの観光客でにぎわう町となるべく、また、訪れるすべての方に町全体を楽しんでいただけるよう、今回「くどやま芸術祭2016」を開催する運びとなりました。
高野山へと続く道の起点でもある九度山町の”まちなか”には古い趣のある町家が並びます。そのまちなかの各所や歴史遺産を巡りつつ、そこにある現代アートを通して訪れる方の目を楽しませ、普段と違った雰囲気となる町を再発見することで、新たな文化の融合、アートへの理解の広がりを産むと考えます。
九度山を訪れる方々にとって忘れられない体験となるよう、そして訪れる方々が楽しさを分かち合える場所となるよう、芸術祭に関わる全ての方々に楽しんでいただける芸術祭を目指します。

パンフレット(PDF)を閲覧することができます。まちなかでも配布しています。

artist

BLOG